図書事業のご案内

図書.jpg


すみよし隣保館寿では、図書事業を行っています。
図書室の蔵書は、部落問題をはじめとした人権問題の解決に関連した本・雑誌や日々の暮らしに役立つ本・雑誌です。
また、図書室だけでなく1F交流スペース前の書架にも配架しています。無料で貸し出しを行っています。ぜひ活用ください。

→図書資料室の書庫にある図書の目録はこちらをご覧ください

 

【図書ボランティア募集中】
募集曜日・時間 木曜日13:30-17:00  

上記の時間帯に図書室の運営をお手伝いいただける方を募集しています。詳しくはすみよし隣保館寿にご連絡ください。

<問い合わせ先>
すみよし隣保館寿
(公益財団法人住吉隣保事業推進協会)
TEL06-6674-3732 FAX06-6674-3700

school_tosyokan_kakari.png

 

【開室のご案内】
月・火・金 13:30-17:00

※図書室の開室・運営はボランティアのみなさんによって支えられています
※ボランティアによる運営のため、臨時にお休みになることがあります

 

【図書寄贈のお願い】
お読みになった本をご寄贈いただけませんか?すみよし隣保館寿図書室では、みなさんから図書の寄贈を受け付けています。
取り扱いはご一任ください。よろしければぜひすみよし隣保館寿までお持ちください。絵本などぜひお持ち寄りください!

IMG_0141.jpg

【新刊図書について】

雑誌などは、毎月新刊を取り寄せています!

IMG_0142.jpg


【新着図書のお知らせ】

⇒蔵書は、リブライズをご覧ください【こちら】(新着の本を紹介しています)

すみよし隣保館寿Facebookや隣保館の掲示板などでお知らせします


【図書・資料のご案内】
市民交流センターすみよし北の閉館にともない、多くの方にご利用いただいていました図書・資料室は、住吉隣保事業推進センターの3階の図書・資料室として新たに再出発することになりました(2016年)。住吉隣保事業推進センターの図書・資料室では、部落問題と住吉地区にかかわった図書・資料ならびに一般の図書を収蔵し、曜日を決めて閲覧・貸し出しをいたします。多くの方のご利用をお待ちしております。

以下、みなさまにご利用いただける主なコレクションについてご紹介します。

 
開架書架に置かれているもの
〔絵本・コミック・小説など〕

図書・資料室に入ると、受付、閲覧机、開架書架があります。開架書架には、絵本・コミック・小説などの一般書が置かれています。スペースの関係で、利用頻度の高い本、比較的最近になって出版された本を置いています。
『カムイ伝』(白土三平) 『中沢啓治平和マンガ作品集』(中沢啓治) 『光とともに』(戸部けいこ) 『JIN-仁―』(村上もとか) 『陰陽師』(岡野玲子) 『名探偵コナン』(青山剛昌) などが楽しめます。

 
閉架書庫に置かれているもの
〔雑誌の合本〕
図書・資料室の奥には移動式閉架書庫があり、約1万冊の本を収容することができます。ここに『部落解放』『部落解放研究』『社会啓発情報』『ヒューマンライツ』の雑誌を合本したものを置いており、創刊号からご覧いただけます。

 
〔新聞の縮刷版〕

新聞の縮刷版としては、『水平新聞』『解放新聞中央版』『解放新聞大阪版』をはじめ、『東雲新聞』『愛国新聞』『水平月報』などがそろっています。 部落問題・人権問題関係図書 部落問題関係図書は約1700冊、人権問題関係図書は、約500冊所蔵しています。部落の現状や歴史、部落解放や人権確立を目指した闘いの記録、同和・人権行政、解放教育、人権啓発、企業、宗教、文化などに関係する本など、部落問題や人権問題を学ぶための基本文献を幅広くそろえています。

部落問題を研究するために不可欠な資料集としては 『奥田家文書』『河内国更池村文書』『大阪府南王子村文書』『部落問題・水平運動資料集成』 『融和事業年鑑』『融和事業研究』『部落解放運動基礎資料集』『全国のあいつぐ差別事件』 『人権年鑑』『新聞でみる部落問題』『戦後部落問題関係判例』『部落問題資料文献叢書』『水平運動史の研究』『戦後部落問題の研究』『部落問題文芸・作品集』『部落 復刻版』などをそろえています。

住吉地区の歴史・生活・文化を学ぶ本としては、『住吉部落の歴史―解放運動前史』『住吉のなりたちとあゆみ』『住吉のくらしと仕事』『「下駄直し」の記』(住田利雄著)『しゃべくりめくり』(大川恵美子語り)『生きていくということは 大川恵美子講演集』(大川恵美子著) などがご覧いただけます。

 
〔住田利雄文庫〕

住吉地区における図書活動は、1960年に住吉隣保館が建設され、読書部がつくられて読書指導が始まったことに端を欲しますが、教育の重要性を早くから指摘し、図書室の充実に力を尽くされたのが、住吉隣保館初代館長の住田利雄さん(故人)でした。住田利雄文庫には、住田さんが収集されて、図書室で利用されてきた『日本庶民生活資料集成』『日本常民生活資料叢書』『日本民族誌体系』『風俗画報』『伝統と奇談』『定本柳田国男集』『折口信夫全集』『南方熊楠全集』『ノーベル賞文学集』『日本プロレタリア文学大系』『自由新聞』『社会問題資料叢書』『現代史資料』『昭和特攻弾圧史』『浮世絵』など、約1000冊の貴重な図書が含まれています。

 
部落問題・人権啓発ビデオ・DVD
部落問題・人権啓発教材として制作されたビデオ、DVDは、約170本を保存しています。『橋のない川』(東陽一監督・1993年)『住吉地区の歴史を追う』(1993年)など、貴重な映像を楽しめます。

 
資料
住吉隣保事業推進協会のホームページには、「歴史資料データベース」として、「大川恵美子画集目録」「住吉民具目録」「住吉地区にかかわった実態調査目録」「住田利雄写真集目録」「映像記録データ目録」等が公開されていますが、その現物が書庫と隣の倉庫に保存されています。

※なお、所蔵している図書・資料のうち、特別閲覧・貸し出しに指定されているものは、所定の閲覧・貸し出し申請の手続きが必要です

 

→図書資料室の書庫にある図書の目録はこちらをご覧ください