地域住民の自立支援や共生社会の実現、生きがいづくりや健全育成を通じて、人権感覚や人権意識の向上を図ることを目的として活動をおこないます。

公益財団法人 住吉隣保事業推進協会 大阪の駅近貸室(レンタルルーム)サービスなら すみりん

開館時間9:00 〜 21:30(月〜土曜日)

休館日日曜・祝日、及び12/29~1/3を除きます。

06-6674-3732

※番号をよくお確かめの上、おかけください。

  1. HOME
  2.   ⟩  インフォメーション
  3.   ⟩  機関紙・刊行物

機関紙・刊行物

機関紙・刊行物

すみりんニュース74号発行のお知らせ

2020.10.20

『いま、必要なの?「都構想」』コロナ後の世界と「大阪都構想」

機関紙・刊行物

すみりんニュース73号発行のお知らせ

2020.10.19

大阪市廃止・分割で住民自治は拡充するのか?~介護保険事業・社会福祉協議会を事例に~

機関紙・刊行物

すみりんニュース72号発行のお知らせ

2020.08.12

コロナ後の世界―緊急事態宣言が示した知事の時代と広域連合――大阪都構想の財政見通し、成長戦略、1兆円経済効果が成り立たず―

機関紙・刊行物

すみりんニュース71号発行のお知らせ

2020.08.11

『避難行動要支援者に対する避難支援の取組について~防災と福祉の連携による個別支援計画の作成~』

機関紙・刊行物

すみりんニュース70号発行のお知らせ

2020.08.10

「第 27 回住吉・住之江じんけんのつどい」の<福祉・第 1 分科会>「“ゆりかごから天国まで”医療法人ハートフリーやすらぎ実践報告」

機関紙・刊行物

すみりんニュース69号発行のお知らせ

2019.11.30

「人権のまちづくりを考える」すみよし連続講座 10 月例会の報告
『もしものための話し合い』〜もしバナゲーム体験会〜

機関紙・刊行物

すみりんニュースとは

2019.11.30

「すみりんニュース」は、公益財団法人住吉隣保事業推進協会が2ヵ月に1回発行しているニュースです。
過去の「すみりんニュース」もご覧いただけます。

機関紙・刊行物

寿だよりとは

2019.01.15

「寿だより」は2ヵ月に財団が発行している広報紙です。
過去の「寿だより」をご覧いただけます。

:開館時間:
月~土曜日[ 9:00~21:30 ]

:休 館 日:
日曜・祝日、12/29~1/3

Prev

Next